耳の病気対策ガイド

HOME >>  耳の病気について > 急性中耳炎について

急性中耳炎について

耳の病気で悩まれている方はいますか。
耳の病気と一口に言っても、さまざまな症状がありますが、一般的によく聞く症状として急性中耳炎があります。
この急性中耳炎は、特に乳児期に多い病気ですが、乳児期だけではなく少し大きくなった子供においても発祥する可能性がある耳の病気なのです。
この病気の特徴は、風邪やアレルギー性鼻炎などによって喉や鼻にウイルスが感染し発祥します。

乳児期に多いという理由は、抵抗力が大人に比べてまだ低下しているために起こりやすいのです。
風邪などによって、極端に抵抗力が低下した場合については、乳児期だけではなく子供においても起こりうる病気なので注意が必要なのです。
特徴的な症状は、耳の強い痛みが起こり、その痛みと同時期に発熱を伴うことが多いですが、その症状をただの風邪だと思い治療を行うと、鼓膜が破れたり耳の中がただれたりする症状が発生してきます。
乳児期においては、その症状を伝えることができないので、しっかり観察してあげることが重要になってきます。
泣き止まないという状態や、耳をこするという状態が見受けられたらこの急性中耳炎を疑って、すぐに病院へ行き治療を行うことが重要になってきます。

急性中耳炎の治療方法は、抗生剤の服用や点耳薬を使うことが一般的です。
しかし、症状が重度の場合は、鼓膜切開など手術を行うことになります。鼓膜切開と聞くと、とても怖く感じますが、鼓膜は一度切開を行っても数日くらいで再生しますので安心できる治療方法です。
どちらにしても早目の対処が重要になってきます。長期間放置を行うと、慢性中耳炎に移行し、難聴などの原因になることも珍しくありません。
薬を与えられても、完治するまではしっかり通院を行うことをお勧めします。