耳の病気対策ガイド

HOME >>  耳の病気について > 小さい子供の中耳炎

小さい子供の中耳炎

小さい子供が比較的なりやすい耳の病気といえば中耳炎があります。
中耳炎には急性中耳炎と滲出性中耳炎の2種類があります。

急性中耳炎は5歳くらいまでの子供に多く見られ、その原因はほとんどが風邪によるものです。
風邪をひいて細菌感染を起こした場合、色のついた鼻水が鼻の中にたまりくしゃみをしたり咳をしたりした時に耳管を通して耳に入り中耳炎が起こります。
小さい子供は耳管が太く短いので耳に細菌が入りやすいため中耳炎を起こしやすいのです。
症状はわかりやすく、耳の痛みと高熱がありますので大人もわかりやすいです。
赤ちゃんの場合は自分で痛みを訴えることができないのですが、機嫌が悪い、しきりに耳の方へ手を持っていくなどがないか気をつけてみてあげましょう。

一方滲出性中耳炎は2歳くらいから学童期の子供がかかりやすい中耳炎です。
急性中耳炎の原因は風邪ですが滲出性中耳炎は喉や耳に炎症が起こるような病気の後にかかりやすく、急性中耳炎から滲出性中耳炎になってしまう場合もあります。
痛みや高熱が出ることはなく、耳が詰まった感じがしたり聞こえが悪くなったりするという症状なので大人が気づかないケースも多いのですが、発見が遅れると難聴が進み治りにくくなることもありますので、子供を呼んでもこちらを向かなかったりテレビの音量を大きくしたがるなどいつもと違う様子があれば滲出性中耳炎を疑ってみても良いでしょう。

急性中耳炎も滲出性中耳炎も軽いものであれば抗生物質の服用で治ります。
ひどい場合は鼓膜を切開して膿や浸出液を出したりします。
鼓膜を切開するのはちょっと怖い感じもしますが、切開したほうが治りも早いですし聴力には影響しませんので安心してください。